大東建託株式会社と団体交渉を行いました!

活動報告
02 /09 2018
 1月31日(水)、ブラック企業ユニオンは大東建託株式会社と第1回の団体交渉を行いました。同社では、従業員が月100時間にも及ぶ長時間労働を強いられていたうえ、多額の未払い残業代が発生していました(同社の労働問題については「大東建託株式会社に、団体交渉の申し入れを行いました!」http://bkunion.blog.fc2.com/blog-entry-26.htmlをご参照ください)。
 以下、団体交渉の経緯について報告します。

・固定残業代制度について
 同社は昨年9月以前において固定残業代制度を導入していましたが、従業員に対して入社時に労働時間数を明示していませんでした。固定残業代制度について、裁判判例や学説によれば、固定残業代に含まれる労働時間数と金額の両方の明示がなければ無効だとされる傾向がありますが、会社は労働時間数について何ら説明していませんでした。また、会社はAさんの給料について未払いはないと主張していますが、Aさんは月100時間程度の時間外労働に従事させられており、仮りに固定残業代が有効だとしても、超過分が支払われていません。これらのことから、同社の固定残業代制度は有効性がなく、残業代未払いがあると考えられます

・賃金制度の不利益変更
 大東建託株式会社は、昨年の10月に大幅な賃金規定の変更を行いました。変更後は営業手当がなくなり、それに伴い9月以前から在籍している従業員に対しては残業代と共に「移行時保障手当」という名目の賃金を支払っています。会社はこれについて、基本給・時間外労働手当のどちらにも分類されない例外的な賃金であると主張しています。しかし、その法的根拠については明示しておらず、「移行時保障手当」の性質について納得のいく回答を得られませんでした。
また、賃金規定の変更に伴い、10月以降の月間総支給額が9月以前の月間総支給額を下回る可能性があり、賃金制度の改定が不利益変更にあたる可能性があります

 当ユニオンは、上記の項目の他、多くの従業員を使い潰す会社の労務管理についても改善を要求しました。同社にはこれまでに何件も労基署から是正勧告が出され、過労死も発生しています(http://www.mynewsjapan.com/reports/1200)。
 しかし、会社側はAさんの労働条件に関わる事項ではないとして回答を拒否しました。そもそも過労死が起きるような労務管理のあり方は社会的にも問題のある働かせ方です。その管理のもとで従業員が亡くなっても、違法な労務管理を続け、従業員や労働組合が問題を指摘しても回答を拒否するというような姿勢は、企業のコンプライアンスとしても問題です。

 以下、第1回の団体交渉に臨んだAさんのコメントです。

 先日、第一回目の団体交渉を行ってまいりました。まず最初に、私から入社してからの勤務状況や、申し入れを行うまでの経緯をお話しして、改善して頂きたい点や、私自身の感じた事や想いを伝えさせて頂きました。
 にも関わらず、残念ながらその後の質問では、『わからない。覚えていない。答える気はありません。』などの回答が多く、まともに取り合って頂けず、現場の建築営業社員の実情について、真摯に受け止める姿勢がない事が浮き彫りになりました。
 会社の利益だけでなく、現場で働いている、一人一人の人間の事を、もっと真剣に考えて頂けるよう、引き続き今後の交渉を通じて促していきたいと思います。

 大東建託の各店舗や、同じ建築・不動産営業職として働かれている方で、残業代の未払いなどの問題についてお困りの方は、ぜひ一度、当ユニオンまでご相談ください。
「ユニオンに加入したい」「一緒に会社と交渉して労働環境を改善したい」という方も大歓迎ですので、ご連絡をお待ちしております。

ブラック企業ユニオン
メール:soudan@bku.jp
電話:03-6804-7650
HP:bku.jp

 相談は無料で秘密厳守です。ユニオンは、安心して働ける業界づくりを目指して活動していますので、お気軽にご連絡ください!

スポンサーサイト

大東建託株式会社に、団体交渉の申し入れを行いました!

活動報告
01 /21 2018
  1月18日、ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)は、大手住宅メーカーである大東建託株式会社に、団体交渉を申し入れました。同社ではさまざまな労働問題が発生しており、従業員のAさんがユニオンに加入したのを契機として、改善に向けて動き出すことになりました。大東建託で起きていた労働問題は以下のようなものです。

・過酷な長時間労働

 Aさんは昨年6月に入社して以来、建築営業の業務を担当していました。会社では、1ヶ月の残業時間の上限が70時間に設定されていましたが、実際はそれを超える月100時間程度の時間外労働に従事させられることが常態化していました。また、過酷な長時間労働のために会社をやめる人が後を絶たず、Aさんも入社して半年で退職に追い込まれました。同社の労務管理は、労働者を違法に長く働かせて使いつぶしているという点で大きな問題があるといえます。

・残業代の未払い

同社では月40時間分のみなし残業を想定した固定残業代制度を導入していると主張していますが、40時間を超えた分についての給料は未払いになっています。実際には上記のような長時間労働の実態があり、同制度は残業代を支払わないための「定額働かせ放題」の制度として運用されている可能性があります。
 

 上記のような問題を受けて、Aさんはユニオンへの加入を決意しました。「ブラック企業」による労働者の使い捨てが横行するなか、一人ひとりの労働者が会社と闘うことは、自身や業界全体が抱える労働問題を解決することに繋がります。
 Aさんは、自分と同じような被害に遭う人がこれ以上出てほしくないとの願いから、全社的な改善を求めて立ち上がりました。今回の交渉が改善に向けた第一歩となるよう、ユニオンでは大東建託株式会社に対して、長時間労働や賃金未払いといった違法な労働実態について是正を求めていきます。

 以下、団体交渉の申し入れに臨んだAさんのコメントです。

Aさんのコメント:

 相談を重ねるうちに、残業代の未払いや長時間労働が違法なものであった可能性を知りました。
 また、過酷な労働環境や会社からの過度な圧力により、毎年相当数の社員が退職に追い込まれている現実を内部でみており、そういった状況を変えて、周知していかないと、これからも年間数百人もの建築営業の社員がなにも知らずに入社して犠牲になってしまうと感じ、先日申し入れをいたしました。
 大企業による、大量に人を採用して使いつぶす姿勢を、今後の団体交渉を通じて正していきたいです。



 大東建託の各店舗や、同じ建築・不動産営業職として働かれている方で、労働環境についてお困りの方は、ぜひ一度、当ユニオンまでご相談ください。
「ユニオンに加入したい」「一緒に会社と交渉して労働環境を改善したい」という方も大歓迎ですので、ご連絡をお待ちしております。

ブラック企業ユニオン
メール:soudan@bku.jp
電話:03-6804-7650
HP:bku.jp

 相談は無料で秘密厳守です。ユニオンは、安心して働ける業界づくりを目指して活動していますので、お気軽にご連絡ください!

株式会社ユニマットライフが、東京都労働委員会の審判にかけられました!

活動報告
01 /17 2018
現在、ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)は、株式会社ユニマットライフが運営するレジーナ薬局で働いていた薬剤師であるAさんとともに、未払い残業代の支払い等、労働環境の改善を求めて団体交渉を行っています。

○株式会社ユニマットライフ・レジーナ薬局の概要

株式会社ユニマットライフ(www.unimat-life.co.jp/index.html)は、1958年に創業され、現在では従業員数(正社員)2587人を擁する大企業です。オフィスコーヒーサービスをはじめとして多くの事業を手掛けています。

その中で、調剤薬局事業として、レジーナ薬局(www.unimat-life.co.jp/drugstore/index.html)を運営しています。関東圏で9店舗展開しており、調剤薬局としては中堅の規模といえます。

○会社の不誠実な交渉態度

そもそも、会社は組合と誠実に交渉する義務を負っています(労働組合法7条)。
しかし、会社の交渉態度はとても誠実といえるものではありませんでした。

まず、団体交渉に出席している担当者は、職場での労働環境について全く分かっていませんでした。これは当該担当者自身が認めています。

また、団体交渉には交渉内容について決定する権限を持った者が出席しなければなりません。しかし、当該担当者は、窓口に過ぎず、団体交渉で何かを決める権限は持っていませんでした。これも当該担当者自身が認めています。

事実を良く知り、権限もある人間を出席させれば、団体交渉は1回で終わるでしょう。
これは、会社側にとっても良いことのはずです。
しかし、上記の交渉態度のため、団体交渉は遅々として進まず、時間ばかりが過ぎていっています。

ユニマットライフの狙いはどこにあるのでしょうか?
団体交渉を引き延ばし、労働者が諦めることを狙っているのでしょうか?
疑念がつのるばかりです。

○労働委員会への救済申し立て

以上のような会社側の交渉態度を受けて、組合は、東京都の労働委員会に救済申し立てをしました。

※「労働委員会とは何か」についてはこちらをご覧ください→http://www.toroui.metro.tokyo.jp/about.html

会社には、一刻も早く交渉態度を改め、誠実に交渉に応じるように求めます。

○ユニマットライフの労働者のみなさん、是非お気軽にご相談ください。

会社側の交渉態度や各種の証拠から、社内では違法・不当な労働環境が蔓延していると組合は考えています。

ユニマットライフの労働者のみなさん、ぜひお気軽にご相談ください。

相談無料・秘密厳守です。

【相談連絡先】
TEL:03-6804-7650
MAIL:soudan@bku.jp

ホームページ制作会社、カンバスプロジェクトと団体交渉を行っています!

活動報告
12 /24 2017
 ブラック企業ユニオン・裁量労働制ユニオンは、ウェブ広告などを制作する広告会社カンバスプロジェクトの元従業員2名と一緒に、同社と団体交渉を行っています。同社では長時間労働・残業代未払いが常態化しており、それをごまかすために求人詐欺、裁量労働制が用いられていました。

・月90時間残業の長時間労働
 同社に勤めていたAさんとBさんは、慢性的に長時間労働を強いられていました。Aさんの場合、多い月では「過労死ライン」を超える90時間以上の時間外労働がありました。また、これほどの長時間労働に対して、残業代は支払われていません。
 こうした状態は労働基準法違反であるとして、11月に渋谷労働基準監督署から長時間労働(32条)と残業代未払い(37条)に対する是正勧告が出されています。

・固定残業代をごまかした求人詐欺
 Aさん、Bさんはともに、入社前に見た求人と異なる労働条件で働かされていました。Bさんの場合、インターネット上の求人情報で給料は月20万円と表示されていましたが、実際の給料は基本給が14万5600円(+歩合給の最低保証額が1万円)、35時間分の固定残業代が4万4400円という条件でした。月の所定労働時間が162.4時間とされていたため、基本給(+歩合給)部分を時給に換算すると、958円になります。虚偽の求人で求職者を集め、実際には最低賃金の水準で働かせるという、非常に悪質な求人詐欺です。

・深夜にメールで業務指示
 AさんとBさんは長時間労働を強いられていましたが、業務時間中だけでなく、業務時間外にも仕事から解放されることはありませんでした。休日や深夜(25時台も頻繁だった)にも社長から仕事に関するメールが送られていたからです。Aさんの場合、約1年間のうちで200件以上のメールが業務時間外に送信されていました。
 ユニオンとの団体交渉で社長は「業務時間外のメールには対応する必要がなかった」と主張していますが、この言い分には無理があります。普通、社長からメールで指示を受ければ、社員は休日であってもすぐに対応しなければならないと考えるでしょう。2人は、会社にいないときでも常に仕事のことを考えなければならない状態に追い込まれていました。

・タイムカードの改ざん
 上記のような勤務を強いられていたにも関わらず、会社のタイムカードには実際より短い労働時間しか記録されていませんでした。これは、本人の入力した打刻時間を会社が改ざんしていたためです。
 2人は業務量の過多から定時である10時以前に出勤することが多かったにも関わらず、会社の記録では一律10時出勤とされていました。また、退勤間際に余裕がなく打刻できなかった日については、後から備考欄で追記したとしても、労働時間・残業時間は「0時間」とされていました。こうした労働時間管理は明らかに不当なものです。

・「裁量労働制」が「適用」されていた
 AさんとBさんは、長時間のサービス残業に不満を感じていました。しかし、2人とも自分には裁量労働制が適用されており、長時間の残業をしていても残業代の請求はできないものと考えていました。
 というのも、2人の契約書の就業時間の欄には「裁量労働制」との記載があり、面接でも裁量労働制が適用されるものとして説明を受けていたのです。さらに、同社では毎年裁量労働制の協定が締結されており、最終的には協定の従業員代表にAさんが選ばれていました。加えて、給与明細は、残業時間が何時間あろうとも、労働時間は1日8時間として記載されており、残業時間は1分たりとも記録されていませんでした。また、タイムカードに記載された時間についても、会社は「在社時間」であると説明しています。このような労務管理を行っていたのは、いくら残業しても、残業代を請求させないためです。

・3か月の「アルバイト」、最低賃金ギリギリでも適用できる裁量労働制
 なお、前述のようにAさんやBさんの賃金は非常に低く、特にBさんは最低賃金ギリギリでした。しかも二人は、当初3か月更新の「アルバイト」「契約社員」でしたが、二人とも「契約社員」の時点で裁量労働制が適用され、Bさんに至っては「アルバイト」の頃から裁量労働制と契約書に書かれていました。最低賃金ギリギリ、3か月の有期雇用契約でも、裁量労働制は適用できるのです。これは、高度な能力を持ち、給料の高い労働者が想定されていると思われがちな裁量労働制自体の問題点を表しています。

・会社は「協定は結んだが適用していない」と言い訳
 この裁量労働制の適用についてユニオンが交渉に向けて追及の構えを見せると、会社は団体交渉で「Aさんを従業員代表とする裁量労働制の協定は結んだが、AさんとBさんに適用する予定ではなく、実際に適用もしていなかった」「契約書に書いてあるのは、あくまで今後適用する可能性があったから」という趣旨の主張をしています。
 しかし、上記の事実から考えれば、客観的には裁量労働制がAさんに適用されているものと考えるのが自然です。会社側の主張は裁量労働制の問題ある運用(業務時間外の指示や対象外の業務を命じていたこと)についての追及を免れるための言い訳です。
 今回の事件では明らかに「裁量労働制」が悪用されています。また、虚偽求人で労働者を騙していることや、タイムカードを改ざんしていることは重大な問題ですが、こうした問題に対する反省の色はまったく見られません。今後の団体交渉ではこれらの問題点を追及しながら、未払い賃金の適切な支払いを目指していきます。

・裁量労働制に関する相談を受け付けています!
 ブラック企業ユニオンでは、裁量労働制の事件を専門に扱う裁量労働制ユニオンを今年8月に立ち上げました。

・裁量労働制が適用されているけれど毎日のように残業している!
・長時間働いている分、残業代を請求したい!
・そもそも働き方に裁量がない!

など、裁量労働制に関してお困りの方からの相談を受け付けています。働き方がおかしいと感じた方は、お気軽にご相談ください。相談は無料・秘密厳守です。

裁量労働制ユニオン
HP:http://bku.jp/sairyo/
メール:sairyo@bku.jp

ブラック企業ユニオン
HP:http://bku.jp/
メール:soudan@bku.jp
電話:03-6804-7650

レジーナ薬局(株式会社ユニマットライフ)に団体交渉を申し入れました!

活動報告
11 /17 2017
現在、ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)は、レジーナ薬局(株式会社ユニマットライフ)で働いていた薬剤師であるAさんとともに、未払い残業代の支払い等、労働環境の改善を求めて団体交渉を行っています。


○レジーナ薬局(株式会社ユニマットライフ)の概要

株式会社ユニマットライフ(www.unimat-life.co.jp/index.html)は、1958年に創業され、現在では従業員数(正社員)2587人を擁する大企業です。オフィスコーヒーサービスをはじめとして多くの事業を手掛けています。

その中で、調剤薬局事業として、レジーナ薬局(www.unimat-life.co.jp/drugstore/index.html)を運営しています。関東圏で9店舗展開しており、調剤薬局としては中堅の規模といえます。


○団体交渉事項
 団体交渉で話し合っている労働問題は以下の通りです。

・残業代未払い
・営業時間外も利用者からの電話に出られるよう携帯電話を持っていたが手当が出なかった
・36協定を締結していなかった
・法定通りの1時間の休憩が取れなかった
・休日出勤しても給与が出なかった
・労働条件明示義務に関する問題


○ユニオンまでぜひご相談ください!
 レジーナ薬局で働く薬剤師のみなさまは、残業代未払いや長時間労働で困っていませんか? ぜひユニオンにご相談ください。相談無料・秘密厳守です。
 また、今回のレジーナ薬局での問題は、薬剤師の方々に共通する問題です。他の薬局で働く薬剤師の方々も、ぜひユニオンにご相談ください。

【相談連絡先】
ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)
TEL:03-6804-7650
MAIL:soudan@bku.jp

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6804-7247
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分