style-RANGE社と5回目の団体交渉を行いました!

活動報告
10 /20 2017
 ブラック企業ユニオンでは、日本料理店「瓢嘻」を経営するstyle-RANGE社と団体交渉を行っています。
(詳細はこちらの記事をご参照ください)

 10月17日、同社と5回目の団体交渉を行いました。今回は組合員に対する未払い賃金の支払いと、労働環境の改善について議論しました。

1019画像1

 今回の交渉で、過去の未払い賃金の問題に関しては、労使間の合意が成立しました。おおむね実際の労働時間に近い水準で計算し、未払いになっていた賃金が支払われることになりました。

1019画像2

次に、style-RANGE社の労働環境をどのようにして改善していくかについて、会社と話し合いました。

組合員のAさんは現在休職中ですが、長時間労働などによる病状が回復してきたため、近いうちに職場に復帰する予定であることをまず会社に伝えました。

そこで、ユニオンとしては、Aさん自身の労働環境はもちろん、style-RANGE社に勤める同僚の労働環境も含め、社内全体の環境改善を求めて、会社と交渉しました。

 大きな課題の一つは、長時間労働の是正です。Aさんをはじめ多くの従業員は、1日15時間以上・1ヶ月350時間以上という長時間労働を強いられていました。こうした状況に対して組合からは、36協定の上限を厚生労働省が定める「時間外労働の限度に関する基準(一ヶ月に45時間)」以下で設定するよう要求しました。

 次に、給与体系の見直しが必要です。会社の主張する固定残業代制度(職務手当と呼ばれている)は明らかに無効です。会社側も、組合員のAさんについては、復帰後も固定残業代制度を適用せず、職務手当を基本給に組み込むことに合意しました。しかし、会社は組合員以外の従業員に対しても同様の措置を講じることには難色を示しています。
組合員以外の従業員についても職務手当を基本給に組み込む形で給与を支払うよう、ユニオンは今後も求めていきます。

 他にも、休日出勤(日曜出勤)の日数の制限や、有給休暇を取得できる職場環境・体制の構築、タイムカードの適正な管理(代理打刻の禁止)などを、ユニオンから会社に要求しました。次回以降の交渉でも、引き続き具体的な改善に向けて話し合っていきたいと思います。


組合員Aさんのコメント:
 今回の団交で、未払い残業代の問題に区切りがつきました。次は労働環境の改善という大きな問題に着手することになります。当事者である自分が職場環境を整備して復職することによって、今までの団体交渉や行動の成果がより意味をなすと思います。また、style-RANGEの社員で組合に加盟する必要があると感じてくれている方もいると思います。次なる目標に向けて頑張りたいと思います。


 style-RANGE社の労働環境には今でも多くの問題がありますが、ユニオンによる労働環境の改善交渉は着実に成果を挙げつつあります。

ユニオンは、style-RANGE社で働く皆さんや、日本料理店、飲食業界で働く皆さんからのご相談や組合加入を受け付けています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ブラック企業ユニオン
TEL:03-6804-7650
MAIL:soudan@bku.jp
HP:http://bku.jp/
相談無料・秘密厳守
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6804-7247
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分