株式会社ユニマットライフが、東京都労働委員会の審判にかけられました!

活動報告
01 /17 2018
現在、ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)は、株式会社ユニマットライフが運営するレジーナ薬局で働いていた薬剤師であるAさんとともに、未払い残業代の支払い等、労働環境の改善を求めて団体交渉を行っています。

○株式会社ユニマットライフ・レジーナ薬局の概要

株式会社ユニマットライフ(www.unimat-life.co.jp/index.html)は、1958年に創業され、現在では従業員数(正社員)2587人を擁する大企業です。オフィスコーヒーサービスをはじめとして多くの事業を手掛けています。

その中で、調剤薬局事業として、レジーナ薬局(www.unimat-life.co.jp/drugstore/index.html)を運営しています。関東圏で9店舗展開しており、調剤薬局としては中堅の規模といえます。

○会社の不誠実な交渉態度

そもそも、会社は組合と誠実に交渉する義務を負っています(労働組合法7条)。
しかし、会社の交渉態度はとても誠実といえるものではありませんでした。

まず、団体交渉に出席している担当者は、職場での労働環境について全く分かっていませんでした。これは当該担当者自身が認めています。

また、団体交渉には交渉内容について決定する権限を持った者が出席しなければなりません。しかし、当該担当者は、窓口に過ぎず、団体交渉で何かを決める権限は持っていませんでした。これも当該担当者自身が認めています。

事実を良く知り、権限もある人間を出席させれば、団体交渉は1回で終わるでしょう。
これは、会社側にとっても良いことのはずです。
しかし、上記の交渉態度のため、団体交渉は遅々として進まず、時間ばかりが過ぎていっています。

ユニマットライフの狙いはどこにあるのでしょうか?
団体交渉を引き延ばし、労働者が諦めることを狙っているのでしょうか?
疑念がつのるばかりです。

○労働委員会への救済申し立て

以上のような会社側の交渉態度を受けて、組合は、東京都の労働委員会に救済申し立てをしました。

※「労働委員会とは何か」についてはこちらをご覧ください→http://www.toroui.metro.tokyo.jp/about.html

会社には、一刻も早く交渉態度を改め、誠実に交渉に応じるように求めます。

○ユニマットライフの労働者のみなさん、是非お気軽にご相談ください。

会社側の交渉態度や各種の証拠から、社内では違法・不当な労働環境が蔓延していると組合は考えています。

ユニマットライフの労働者のみなさん、ぜひお気軽にご相談ください。

相談無料・秘密厳守です。

【相談連絡先】
TEL:03-6804-7650
MAIL:soudan@bku.jp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6804-7247
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分