style-RANGE社と2回目の団体交渉を行いました!

活動報告
08 /08 2017
 ブラック企業ユニオンは、日本料理店「瓢嘻」を経営するstyle-RANGE社と団体交渉を行っています。
(団体交渉の詳細→日本料理店「瓢嘻」を経営するstyle-RANGE社と団体交渉を行いました!

 日本料理店「瓢嘻」では、1日15時間(月350時間)にもおよぶ過酷な勤務によって、多くの調理師が休職や退職に追い込まれていました。とくに、新しく組合に加入することになったCさんは、在職中に過労で2度入院するなど長時間労働によって大きなダメージを受けたのち、退職に追い込まれています。
 8月7日の交渉では、このような長時間労働の実態や、今後の改善をめぐって会社と話し合いました。

0808画像1

○休憩時間の実態について
 Aさんは勤務期間中、短ければ食事を取る15分程度しか休憩をとれていませんでした。しかし会社の記録では3時間~4時間ほどが休憩扱いになっているなど、実際の状況との大きな食い違いが生じています。この点についてユニオンは、正確な休憩時間の実態調査を会社に要求していました。

 ヒアリング調査の結果、片付けや準備等の仕事をしている時間の一部が、会社側の記録上では、休憩扱いとされていたことが明らかになりました。ただし、本人の認識と会社のヒアリング調査の結果には、一致しない点もあり、より詳細な調査を行うよう求めました。

0808画像2


○労働環境の改善について
 次々に離職者を出す長時間労働の実態は、すでに労働基準法違反が国に認定されている部分でもあり、今回の団体交渉の重要なポイントです。この点について会社からは、メニューの変更やスタッフの増員など、長時間労働是正のための対策に取り組んでいることが報告されました。

 具体的な改善策が出されたことは評価できる一方、会社の方針には容認できない部分もありました。それは、三六協定を再締結し、時間外労働の上限規制を100時間にするという点です。

 会社側の主張は、「労働環境の改善には取り組んでいるが、急に長時間労働を是正できる保証はないので、まずは時間外労働の上限を100時間として徐々に減らしていく」とのことでした。

 しかし、1ヶ月100時間の時間外労働は、「過労死ライン」に相当する水準です。ただでさえ長時間労働で従業員が休職や退職に追い込まれているのに、過労死のリスクが高まる水準までの残業を命じるつもりなのでしょうか。実際、つい最近、従業員が過労で倒れて入院しています。月に100時間もの時間外労働を命じることが可能な状態で、労働環境の改善など実現するのでしょうか。従業員を使いつぶしてきた経緯を会社が反省しているとは、到底思えません。

0808画像3


 組合は、超長時間労働を許容するような三六協定の提案に猛抗議しましたが、会社は「三六協定の上限時間を100時間とする提案は社長から伝えられている」という趣旨の主張を行い、昨日の団体交渉の中では妥協する余地が無いということを明言しました。これは、交渉担当者が実質的な決定権限を有していないことの証左であり、不誠実団交(不当労働行為)にあたります。
当初から組合は早期解決のため、実質的な決定権限を有する人(この会社の場合は社長)の出席を要求しています。しかし、前回に引き続き今回も社長は出席しておらず、もっとも重要な論点である労働環境の改善について交渉を進めることができませんでした。
 労働問題の重要な議論を進めるにあたって社長が出席しないことは、交渉の対応として非常に不誠実です。また、長時間労働で従業員が休職や退職に追い込まれているにも関わらず「過労死ライン」相当の時間外労働基準を設定しようとすることにも、私たちは断固として抗議します。

交渉に臨んだAさんのコメント:
 団体交渉をするにつき、社長の出席を求めていましたが、今回も出席してもらえませんでした。現場からの声を会社に直接伝えたいし、早期解決のためにも次回は必ず出席してほしいです。解決を目指している姿勢を会社に見せてもらいたいのです。
 前回の交渉態度は、非常に不誠実かつ調査も不足していたので、組合で抗議行動を起こしました。
今回の交渉では、会社側も、調査結果と一定の解決策を提示してくれました。しかし一方で、時間外労働の上限を100時間に伸ばすなど、不信感が募る部分があったことも事実です。このような点が具体的に解決するまで、今後も引き続き組合での抗議活動を展開していくつもりです。
 新しく組合に加入することになったCさんは長時間労働の末、入院を余儀なくされたうえに退職に追い込まれ、今後の生活や仕事にも影響するほどの病気を患ってしまいました。この事実を会社は重く受け止めてほしいですし、一刻も早く誠意のある対応を見せるよう、強く求めます。


 料理業界で長時間労働や賃金未払い、パワハラ、セクハラ、その他働き方にお困りの方は、ブラック企業ユニオンまでお気軽にご相談ください。相談は無料・秘密厳守です。もちろん、ユニオンへの相談は業界を問わず随時受け付けています。

ブラック企業ユニオン
TEL:03-6804-7650
MAIL:soudan@bku.jp
HP:http://bku.jp/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6804-7247
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分