FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁量労働制を違法適用していた建築設計事務所・プランテック総合計画事務所と団体交渉中です!

未分類
09 /12 2018
 ブラック企業ユニオン/裁量労働制ユニオン(総合サポートユニオン)では、建築設計事務所・プランテック総合計画事務所(以下、プランテック)と団体交渉をしています。同社に勤務するAさん(20代女性)が、長時間労働の改善と残業代の支払いなどを求めて団体交渉中です。

●1日8時間のみなし労働時間なのに、20時間以上の労働が頻繁に

 同社では、1日8時間をみなし労働時間とする専門業務型裁量労働制を、「建築士の業務」に従事する従業員に「適用」していました。同社で建築設計業務を行なっていたAさんもその一人です。
 裁量労働制は、労働の仕方について裁量がある労働者にのみ適用されることになっており、出勤時間にも裁量があるはずです。ところが、Aさんは月100〜150時間程度の残業が頻繁にあり、深夜3〜4時まで職場に残って仕事をしたり、朝9時ごろまで徹夜して帰宅し、そのまま昼にまた出勤したりすることも珍しくありませんでした。同社の1日のみなし時間は8時間を大幅に超え、1日20時間以上働くことも多々ありました。
 Aさんは過酷な長時間労働に追い込まれた結果、精神疾患に罹患しています。そんな折、Aさんはユニオンの存在を知り、団体交渉を決意しました。

●裁量労働制を無効にさせ、勤務記録どおりの賃金支払いを認めさせました!

 ユニオンでは7月に団体交渉を申し入れ、すでに2回の団体交渉が行われています。これまでの団体交渉で、ユニオンはプランテックにいくつかのことを認めさせています
 まず、裁量労働制が無効であるとして、これまで裁量労働制を適用されていた同社の全従業員に対して、1日8時間のみなし労働時間を超える残業代の支払いを認めさせることができました。
 次に、この残業代の算出方法ですが、Aさんについて、勤務記録に記載された出勤時間から退勤時間のうち、休憩時間を除いた時間の全てを労働時間として認めさせています。
 例をあげると、Aさんは今年4月のある日について、朝10時半から28時半(翌朝4時半)まで勤務しています。この日の休憩は1時間だったため、17時間分労働していたことが認められ、8時間の就業時間の賃金とは別に、9時間分の残業代が追加で認められたことになります。
 一般的に、裁量労働制が無効になった場合に、会社側が勤務記録の時間を「労働時間ではなく在社時間」などと開き直り、「労働していない時間もあるはずだ」「裁量労働制のはずだったのだから、自由に休んでいた時間もあるはずだ」などと強弁することがあります。この点について、プランテックが全て労働時間として認めたことには大きな意義があります。
 さらにユニオンでは、時効のある2年間分の支払いを認めるように追及しています(もちろん、2年間の支払いを認めず、数ヶ月分で値切るようなことがあれば労働基準法違反となりますので、当然のことなのですが)。

●プランテックの従業員・退職者の皆さんへ

 さて、今後数週間の間、プランテックの従業員の皆さんに注意してほしいことがあります。プランテックはこれから、裁量労働制が適用されていた他の従業員の方々に対しても、過去の裁量労働制を無効として、支払われるべきだった残業代について調査を実施するとしています。会社側の発言に従えば、調査期間は1ヶ月程度が予想されます。
 ただし、残念なことに、あくまでも一般的なケースですが、こうした全社的な残業代支払いの際に、会社側が本人の意思を尊重しない調査や面談を行い、残業代を大幅に短めに支払うことに、無理やり同意させてくることが多々あります。
 具体的には、「そんなに長くは働いていなかったはずだ」などとして、勤務記録の時間通りの労働時間を認めず、1日あたり数時間分を差し引くことに応じるよう迫ってくる可能性があります。
 同様に、時効期間の2年間分ではなく、2、3ヶ月から半年間程度だけの支払いで妥協するように強制してくる可能性も高いです。
 また、一般的には、債権放棄の同意書を結ばせるなどして、後から追加で残業代請求を断念するように約束させてくる企業もあります。
 こうした状況に陥る前に、ぜひユニオンへの相談をお勧めします。前述のとおり、ユニオンの団体交渉ではすでに、Aさんに対して、勤務記録どおりの労働時間を認めさせており、2年間分の残業代支払いを求めています。また、現職の従業員だけでなく、退職者であっても、過去2年間分の残業代請求は可能です。ぜひ相談してみてください。
 加えて、ユニオンでは、裁量労働制の悪用に対する歯止めや、長時間労働に対する改善策などを同社に求めていきます。
 一緒に、会社に対して支払われるべき残業代全ての請求をし、長時間労働を是正することで、プランテックを働きやすい企業にしていきましょう。

●Aさんからのコメント
 最後に、今回立ち上がったAさんからのコメントを紹介します。

 会社に対して疑問を抱き、不満をお持ちの方はぜひ一度相談してください。
 私は家族や友人に、会社の実情を中々相談することができませんでした。それは自分が通常ではあり得ないような労働時間で働き、またその対価を支払われないことがあまりに恥ずかしかったからです。内部の人々にはこれが当たり前だと言われ続けたため、騙し騙し働いて来た結果、自分はまだ大丈夫と思って行った病院でその日に即入院を勧められました。
 従業員の方で、昔よりマシになったから、昇給率は他の会社よりいいから、建築設計事務所はどこも一緒、会社の人との仲を壊したくないからと騙し騙し働いている方はいませんか?
 マシになったとしても、会社が裁量労働制を悪用し、払うべき対価を支払っていないのは事実です。
 昇給率は他の会社よりいいからといって、もらうべき残業代を換算せず目をつむっていませんか?
 本当にどこの会社も同じでしょうか?自分より悪条件で働く同業者を見て心を落ち着けていませんか?主張して当然の権利を主張し、それで壊れるような仲に固執すべきでしょうか?
 会社は、労基署の調査で裁量権に関わる調査について作業内容を一部しか明かさず、ごまかすような対応をとっています。
 毎回、やり取りの度に「真摯に対応します」と会社側は文章で書いていらっしゃいますが、上記のような誤魔化しをしている限り、真摯とは到底言えませんし、会社の改善は期待できません。
 会社に対して疑問を抱えて働き続けることは遅かれ早かれどこかに無理が生じます。
 少しでも多くの人がこれを読み自分の会社を見つめ直す機会が持てることを祈っております。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6740-1690
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。