FC2ブログ

ジャパンビバレッジ東北が組合員に未払い賃金を一部支払い 労働組合へは引き続き不誠実な態度

未分類
09 /27 2018
○未払い賃金が一部支払われました

 私たちブラック企業ユニオンは、ジャパンビバレッジ東北に元従業員の組合員への未払い賃金の支払いを求めていましたが、この度、一部の未払い賃金は会社から支払われました。

元従業員らは、実際の労働時間とは異なる「所定労働時間」を会社の指示で勤務管理表に書かされていました。会社が今回支払ったのは勤務管理表で見ても明らかに未払い賃金となっている労働時間の部分のみです。未払いになっている時間は、勤務記録表に記載時刻以外の労働時間や、休憩時間未取得時間に対する賃金です。

会社の支払った未払い賃金は本来の額から大きな差がありますが、一部でも支払わせたのは組合の大きな成果です。

○ジャパンビバレッジ東北での働き方の実態

 出社時間についてみてみましょう。会社が提示した自動販売機の売り上げ管理などに使う「ハンディー」の記録では、ある元従業員のある日の最初の記録時間は朝6時台となっています。一方で、労働時間を記録する勤務管理表には出社時間が朝7時台の数字が書かれています。これは、明らかに矛盾する内容です。
実は、この元従業員は少なくともこのルートでは仕事を終わらせるため所定時間より早く仕事をしなければなりませんでした。しかし会社は、実際の労働時間ではなく所定労働時間を勤務記録表に書くよう指示していたため、本来の労働時間が記録されていなかったのです。このことを私たちは団体交渉や文書で指摘しましたが、会社の担当者は「労働者が勝手に早く来ていただけなので、会社は指示していない」という趣旨の不誠実な回答をしました。
 また休憩時間についても会社と組合の主張には大きな隔たりがあります。こちらも、「ハンディー」の記録を見ると、一つの自動販売機からその次の自動販売機へ移動する間隔は短く、またたとえある程度時間があってもその時間中にも作業をしているので、実際上は休憩時間とは言えない時間ばかりです。しかし会社は団体交渉では、「細切れでも休憩できるはずだ」「会社は休憩をとるように指示をしていた」などといい、労働者が悪いと言わんばかりの回答でした。

○労働時間管理を行わなかったのは会社の怠慢です

この問題は、会社が労働時間の管理を適切にしていないため起きた問題です。そもそも労働時間を適切に把握することは労働基準法にも定められている使用者の責務であり、厚生労働省が定める「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html
においても、「自己申告による労働時間の把握については、あいまいな労働時間管理となりがちである」とし、原則的には使用者が現認するかタイムカードなどの客観的な記録を基礎として確認するように求め、「やむを得ず、自己申告制により始業時刻や終業時刻を把握する場合」であっても「講ずべき措置」として以下のものを求めています。

(ア)自己申告制を導入する前に、その対象となる労働者に対して、労働時間の実態を正しく記録し、適正に自己申告を行うことなどについて十分な説明を行うこと。
(イ)自己申告により把握した労働時間が実際の労働時間と合致しているか否かについて、必要に応じて実態調査を実施すること。
(ウ)労働者の労働時間の適正な申告を阻害する目的で時間外労働時間数の上限を設定するなどの措置を講じないこと。  
また、時間外労働時間の削減のための社内通達や時間外労働手当の定額払等労働時間に係る事業場の措置が、労働者の労働時間の適正な申告を阻害する要因となっていないかについて確認するとともに、当該要因となっている場合においては、改善のための措置を講ずること

つまり、本来は原則通り労働時間を客観的な方法で把握する措置を会社は取るべきでした。またそうした記録が争いとなっている現時点でない以上、なるべく客観的な記録に近い「ハンディー」の情報を重要視するべきです。なぜなら、そもそも厚労省がガイドラインで明らかにしている通り、労働時間をなるべく客観的に把握し、どうしても自己申告制をとるのであればそれを労働時間の実態に即したものにするための措置を講じるのは会社側の責任だからです。それにもかかわらず、労働時間の証明の責任を労働者に転嫁し、未払い賃金を支払わない会社の姿勢には労働基準法の考え方や国の指針にも反する大きな問題があることは明らかです。

○ジャパンビバレッジで働いている、みなさん、ぜひ組合にご相談ください

 以上のように、きちんと労働時間の記録を見て再計算すれば、ジャパンビバレッジ東北の多くの従業員には一定額の未払い賃金があります。こうした未払い賃金は、ユニオンで交渉すれば支払わせることができます。現在ジャパンビバレッジで働いている人や、退職した人で賃金などについて疑問がある人は、是非一度ご相談ください。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブラック企業ユニオン

ブラック企業ユニオンは、総合サポートユニオン(http://sougou-u.jp/)のブラック企業支部です。労働問題でお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください!

〒155-0031
東京都世田谷区北沢4-17-15
ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650
FAX:03-6740-1690
メール:soudan@bku.jp
HP:bku.jp
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分